【70時間プレイレビュー 評価・感想】ファークライ好きな人はファークライ6も好きになる良作 (ネタバレなし)

ファークライ6 

どうもいつも元気なホプ斗です。 ファークライ3,4,5をプレイして来た私が遂に6もプレイしクリアもしました。 ファークライシリーズって印象に残る悪役がいて、広大な自然のマップで自由自在に探索できるゲームで、しかもガンゲームが楽しい、所々カオスな部分もありますが、そんなファークライが好きでプレイし続けてきた自分がいます。 そしてついに先週、ファークライの最新作ファークライ6が発売され、さっそくプレイし、クリアまでにたどり着きました。 今作のファークライ6はどんなゲームなのか、面白いかを見ながら徹底的に評価・感想をしていきたい思います。

この記事でわかる内容
    • ファークライ6ってどういうゲームなのか
    • 新要素&変更点
    • 良かった点と悪い点
    • 不具合あるのか
    • ファークライ6はプレイすべきか

ファークライ6とは

ファークライシリーズのナンバリング6作目とも言えるファークライ6、ナンバリングを抜けば外伝的な作品もあるのでそこら辺は省略。

ファークライ6では前作の5がリリースされてから3年が経ち、ようやく発売されました。

ファークライシリーズは広大な自然が舞台で、今作6ではカリビアン海域の諸島をモチーフにした島「Yara」が舞台、ファークライ3とおなじみの熱帯林とかも沢山見かけるマップとなっている。

上がアントン・カスティロ、下はディエゴ

そして今作の悪人はヤラの大統領であり独裁者「Anton Castillo」(アントン・カスティロ) この悪役のモデル、アメリカでも有名な俳優ジャンカルロ・エスポジートなので、知っている人はよりファークライ6に興味を持つ感じとして捉えるらてる気がします。

現に私も知っているので「ゲームではどんな演技をしているのかなぁ」って思いながらファークライ6をプレイしてました。 日本の方だと「ん?誰この人」って思うかもしれませんが、アメリカでは超有名な俳優なのです。

喋る主人公:ダニー・ロハス

ファークライ6の主人公、ダニー・ロハス。 ファークライシリーズでは元々主人公は喋るが、顔が見れる機会がまったくないゲームでした、ファークライ3と4は主人公も喋り、5はキャラクリで無言の主人公で、ファークライ6では喋る主人公が復活しました。

3と4の主人公の出番を比べるとファークライ6のダニーロハスはずっと出てきます。

ちゃんとキャラの個性、ストーリーも作られているのでファークライ6の大のプラスになってるに間違いなしです。

ちょっとしたイースターエッグがり、ダニー・ロハスが車のラジオ曲に合わせて歌ったりします、こういう小さな追加点でも嬉しいのが大きい。

Yara(ヤーラ)

今作の舞台となるヤーラは熱帯林、町、都市、山、半島という、沢山のバイオームがヤラには存在します。

個人的のファークライ6のファーストインプレッションはファークライ3のルーク島の熱帯林の無人島と似ている感じ、ファークライ6の場合は国なので、3の無人島よりかは遥かに広大。

中にはボス的な動物のロケーションなども存在しており、狩るとレア素材などが武器商人から交換できたりします。 一つの地方で大体25時間くらい探索したり、クエストをこなしたりしてました、それだけ広かったです。

ファークライシリーズの中で安定で面白い、それを超える所も

特に大きいのがストーリー毎のカットシーン、ちゃんとストーリーを理解させる所がいい。

ファークライシリーズは毎作リリースされる度に「新要素?何か変わった?」と疑問点が浮かぶと思うんですが、ファークライ6も同様、ストーリーと舞台以外余り変わっていないと思っていいでしょう。

けどそれがファークライいい所、自由度高いマップで好きに基地を制圧したり、魚を釣ったりと時間が忘れるくらいがいい。

サイドコンテンツも内容深い、しかも多い

    サブストーリー(ヤラのストーリー)やトレジャークエストなどもちゃんと作られており、手抜きな所があるのは感じませんでした。

後、「おおお!」と思ったの所がストーリーやサイドストーリーを受けるとちゃんとNPCがブリーフィングをしてくれる所、(何が起きたかなど、ボイスラインがちゃんと用意されている) それと新しい人物に出くわすと と吹き出しが最初出てきます、本当にキャラを知ってくれ感があって良かった、今までのファークライは特にどうでもいい登場人物しかいなかったので残念でしたが、今作は改善されいて良かったです。

ヤラのストーリーはメインストーリーではないわりには、所々カットシーンとかもちゃんと用意されており、ストーリーと探索だけが目玉だったファークライという感じはなくなりました。

前作より遥かにマップが大きいからやる事も作業なんでしょって個人的に覚悟してましたが、その考えを見事に裏切り、サイドコンテンツ隅々まで興味深く楽しいです、少なくとも前よりかは。

個人的に大好きなのはやっぱり基地や敵勢力の検問所を制圧する要素ですね、普通じゃんとおもうんですけどやっぱり楽しいとしか言えない。 もちろん雑用な内容もありますが、気にしなかったです。

特殊作戦

2人推奨の協力プレイミッション、ちょっとした隔離マップで任務をこなす感じのコンテンツ。

勿論ソロでも挑戦できますけど、協力でクリアすると貰える報酬が多くなります、貰えるお金等でウィークリーリセットするお店で週限定の武器など買えます、後チャームとか強化素材素材なども リリース後にも更新していくと運営が言っていましたので、ファークライ6のオンライン要素とでも言える感じですね。

スプリーモバックパックが強すぎる

ファークライ6では必殺技を出せるサプリーモバックパックが実装されています。 他のゲームでもある切り札的な感じでゲージが溜まると、L1R!同時押しでミサイル沢山発射したりしますが、私はステルス派なので戦車や固い敵がいる以外は使ってませんでした。 だってテイクダウン楽しいんだもん。 サプリーモにも種類がいっぱいあるので、使い分けてもいいかも。

スキルシステムは消え、装備で補う感じ、そして装備豊富

前作陣まではスキルシステムがありましたが、6ではなくなりました。 その代わり武器、防具、そしてSupremo(サポリーモ)らにスキル同様な特殊効果が自由自在に付けるようになりました。

この画像の場合、今装着しているMODだと移動速度アップなど装着してますね。 前作陣らのゲームもスキルは獲得したら全て装備できるわけではなく、スキルを入れ替えたりしないといけない仕様になってます。 そこと同じ風に6では装備の付け替えで役を果たしていると感じがしました。

防具の効果のバリエーションが豊富と、防具の見た目も効果をキープしつつ変えることもできます、一人称視点で防具の見た目変えてもあんまり意味ないとおもうんですけどね。

アミーゴ(相棒)

アミーゴはスペイン語で友達という意味。 ファークライ6では6種類のアミーゴがおり、中にはワニや可愛いわんこちゃんなどサポーターとして一緒に戦ってくれます。

ちょっとした不満点があったのですが、わんこちゃんが敵に見つかるとこっちもばれる事があったので、ステルス派な自分は外したりしてました。 ステルス好きじゃない人はどんどんアミーゴに命令してドンパチやってもいいと思います。

戦闘

ファークライの戦闘は好きです。 ファークライ6ではドッカーンボッカーンという印象がありますが、それは一部だけで、プレイヤー次第でどんな戦い方もできるのがファークライです。

私はステルスで行くスタイルなので、あまりハチャメチャドッカーンというプレイはしてません。現にアチーブメントに基地を見つからずに制圧しろとかありますしステルスは全然ありなやり口と私のは思います。

私のレビューは一部のプレイヤーの戦い方とでも捉えていいでしょう。

難易度が二つだけになった

前々はハードとかベリーハード、あと5のニューゲーム+にはインファマスという鬼畜モードがありましたが、6ではストーリーモード(イージー)とアクションモード(ハード)だけになりました。 アクションモードでプレイしましたがレベルが高いほど強くなる感じ、そんなに難しくはなかったです。

武器の弾薬種類が少々面倒くさい

ファークライ6では敵によって弱点弾薬があり、もし効果的に倒したい場合、弱点に適した弾薬タイプを撃たないといけない仕様になりました。

「エー、強制的に弾薬変えないといけないの??」と思っちゃいますよね? クリアした身から思い返すと、そうでもなかったです。

例えば、アーマーなしの兵士の弱点は軟目標弾ですが試しに徹甲弾(アーマー付きの敵に有効)をアーマーなしの兵士をヘッドショットしても普通に一撃逆にアーマーありに軟目標弾はあんまり効かないです。

普通の兵士でもヘルメットだけ装着してる敵のヘルメットから下の部分、顔に軟目標弾を当てると、ちゃんとアーマー無視で、頭判定で倒せる事もできました。 ゲームでは透明な判定があって、撃ったところに撃ってもちゃんと判定していない事が多いので、ファークライ6でもそうかなっと実験した所、ちゃんと判定していました。

まぁ結論的に武器のMODに強化素材があればいつでも弾薬タイプが変えれるので、弾薬タイプは全種類装備しといた方が無難でした。 中にはアーマー貫通の弓の矢もあったよぉ!

不具合はほとんどない(PS5)

運転時や高速移動中に画面ずれが起きる(PS5)

次世代機のPS5でプレイしたのにも関わらず、運転中や高速移動(ジップライン移動)などしている時に画面ずれが目立ってました。 普通に走ったり、歩いてる時は全然なかったですが、上記の時だけずれてました。

バグはあるが稀

ユビソフトのゲームはバグが多いって有名ですが、クリアまでプレイしたまでは余りバグなかったです。 唯一あったのは特殊作戦ミッション(協力プレイミッション)をプレイしてる時に、味方が燃えて叫び、燃え終わってもずっと叫んでいました(笑)

後は私のインターネットが切れた時に、兵士の体力が無限にあったり、後アミーゴがずっとくるくるしてました、ですがこれはインターネット(WI-FI)が急に切れたので、インターネットが急に切れない限り起きなかったのかもです。 ファークライでは結構みる光景でしたので、ある意味い面白いバグでした。

ファークライ6はおすすめ?

ファークライシリーズをプレイした方はもちろん、プレイしてない方でもファークライシリーズに乗り込める内容です。

今作は前作達に比べると大した変化はないですが、元々存在する要素をより改善したというファークライでした。 スペックが不安な方は次世代機かいいスペックのPCでプレイをするのお勧めします、PS5でPS4版は30fpsで安定していましたが、所々ポップアップしたりしていていました。

PS5ではちゃんとほぼフレームレートは60で固定と綺麗に4kモニターで遊べています、先ほど行った画面ずれ以外の場合ですけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました